メフィスト賞受賞に伴いコンテンツを整理しました

拙作『図書館の魔女』がメフィスト賞を受賞し、出版の運びになります。
陰ながら応援下さっていた皆様に、御礼申し上げます。

また新たにご声援下さった方、有り難うございます。これからはこういうことが励みになっていくのだなとしみじみ感じ入りました。

無論、私のもとには編集部から事前に連絡がありましたが、公式発表として確認できたのはウェブ上 (http://shop.kodansha.jp/bc/mephisto/) での発表でした。実は12月10日現在でまだ『メフィスト 2010 vol.3』は手許にはありません。日本にいる家族からは、誌面では大変好意的な評価を受けていた旨聞いていますが、本誌を手に入れるまではどう評価されているのか戦々恐々というところです。

さて、受賞に伴いこのサイトのコンテンツを整理しました。編集部の側の意図と異なってはいけないので、まずは見切り発車的に公開していた一部コンテンツをことごとく切り捨てました。いまこのサイトはアクセスが激増していますが、それに反して内容がどんどん無くなっているという有り様です。まことに申し訳ありませんが、諸事情ご賢察ください。

それでは、なぜそもそもそんな危なげな「見切り発車的」な部分公開をしていたのかと訝しむ向きもあるかも知れませんが、それについて簡単に説明しておきます。 続きを読む »

広告