増刷に伴う造本の変更について

『図書館の魔女』第1刷で各所からご不満を頂いていた造本の不備(ページ脱落)の問題です。初版をいち早く入手なさっていた方々にはご迷惑をおかけしました、御詫び申し上げます。

2刷からは製本上の仕様変更がなされまして、糊も製本方法も変わっております。

なにぶん高い本ですし、読むのに時間のかかるものでもあります。また作品の性質上、再読、再々読に堪える造本になっていてほしいという要望を聞き届けていただけました。現行の版はより頑丈な綴じになっております。図書館などでご覧いただき読了後に入手を考えたが造本の不具合に購入を躊躇っていらっしゃった向きもおありでしょうが、これで安心してお求め頂けます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。