『烏の伝言』装幀は坂野公一さん

今回の装幀を引き受けてくださったのは坂野公一さん率いる Welle design です。

同社ウェブサイトにデザイン・ワークを手がけられた本の例が挙げられていますが、その中に『図書館の魔女 烏の伝言』のページがあります。

いわゆる書影ばかりでなく、裸本や見開き、本文組みの様子などが掲載されていますので、まだ現物をお手に取っておられない方はぜひご覧になって下さい。

裸本がまた格好良いですね。

何を他人事みたいに言っているのか……というと、私の手元にはまだ現物が届いていないのだ。読者の皆様ばかりではありません、私も待っている。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。