『文芸カドカワ』7月号に「味噌をつける」再録

『小説野性時代』からの出張というか、Book in Book のコーナーに新シリーズ第一作「味噌をつける」前編が掲載されております。『野性時代』6月号からの再録ですね。東野圭吾特集の軒先を借りているようなかんじですが……「『ラプラスの魔女』までの30年&高田大介」っていうコピーが無用に意味あり気で苦笑。

いやただ単に『野性時代』6月号からの再掲記事を並べただけなんだろうけど「&」っていうのにいろいろコノテーションというものが生じますからね。

同書には次の記事も。

上のツィートより:桃月庵白酒さん&杉江松恋さんによる男子的落語講座「落語研究会ただいま女子部員募集中」今月のお題は、バカ男子名作古典「酢豆腐」。

数ある作品・記事のなかでもこれを取り上げたのは……新シリーズの裏テーマにどんぴしゃだったからです。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。