『烏の伝言』文庫版上下、刊行しました

すでに全国書店に並んでおります。ダ・ヴィンチニュースでも記事が上がっていました。

『図書館の魔女』親本が刊行された当時は「どこで買えるのか」が検索ワードに常駐していたのですが隔世の感あり。有り難いことです。

なお、読書メーターでは『烏の伝言』上下がプレゼントされるキャンペーンが。

https://bookmeter.com/giftbooks/186

さらに無印『図書館の魔女』は一、二巻が「講談社文庫春の100冊」キャンペーンで展開中です。これまた有り難いことです。

ここのところこちらのブログも「marges」の方も更新が途切れておりましたが、ご想像のとおり執筆他で忙しくしております。重めの案件を三つばかり並行して進めていたのが災いして「二兎を追うもの」どころか「虻蜂蟻いずれもとりえず」という感じで苦慮しております。

とりあえず一番急いでいるのは『図書館の魔女』の続巻、『霆ける塔』ですが担当編集氏にも、お待ちいただいている読者の方々にも平身低頭の至りです。

いましばらくのご辛抱あれ、ご期待下さい。