増刷時期について

『図書館の魔女』は上下とも2013年末に増刷いたしましたが、この増刷後も主要書店を初め配本が充分になされないままに在庫が払底しようとしております。在庫状況の把握しやすい丸善&ジュンク堂系などを例にとっても、目下在庫が確認できるのは(2014年3月初頭現在)全国十店、北は弘前と郡山、中部は名古屋に二店、西は岡山以西にしか在庫がないようです、関東・畿内は全滅して一月あまり経っています。紀伊国屋や三省堂でも主要都市に在庫を見ません。一応、例によって在庫検索のサイトを再掲しておきます。

• 丸善・ジュンク堂系:店舗在庫検索
• Takestock(丸善系、三省堂、主要書店ほか):本の在庫検索
• 紀伊国屋書店:店頭在庫検索
紀伊国屋USA
パリ・ジュンク堂

Amazon や楽天を初め、主要ウェブ本屋かたがたでも、とうとう在庫が「何点あります」という表示を見ないまま「取り寄せ・在庫確認」へと移行してしまいました。すでに注文、手配待ちだった顧客あて出荷して、あとは残らなかったということでしょう。ごくたまに一瞬だけ Amazon や楽天に些少の在庫が回復することがありますが、知り合いにいまなら買えるとメールを打っている間に売り切れてしまうというありさま。唯一いまのところ一度も「品切れ」を謳ったことのなかった(我らが頼みの綱の)Honto ネットストアでも終に在庫切れ、「お取り寄せ7〜21日」ということで、24時間以内の発送を約束できるショップは何処にもなくなりました。 続きを読む »

広告

AXN Mystery 闘うベストテンで4位に選出さる

AXN Mystery というミステリー専門のチャンネルがあります。

年末恒例のベストテンがあり、『図書館の魔女』が第四位に選出されました。こちらのページに受賞結果が貼りだされています。 続きを読む »

『図書館の魔女』何処で手に入るのか?

掲題の通り『図書館の魔女』何処で手に入るのか? というお問い合わせが多くなっております。

このエントリはその都度の状況をお知らせする「動的コンテンツ」になっております。といっても数月に一度、情報をアップデートしているだけですが。

【2015/01/28 『烏の伝言』発刊に際して追記】こちらのページはながらく役に立ってくれましたが、すでに情報が古くなりました。といって今さら書き換えるのもどうでしょう、こんなページにも記録としての意味はあるかもしれません。ということでこのページは更新を取りやめ、廃虚として残します(まだアクセスがあるのです)。

よりアクチュアルな情報としては『図書館の魔女』何処で手に入るのか? 2015年版を参照下さい。

続きを読む »

『図書館の魔女』の造本と書体について

このエントリでは『図書館の魔女』の書物としての物質的な側面に触れたいと思います。まったく自己満足的な記事ですが、愛書家の皆様、しばしお付き合い下さい。【2014/03/06 追記:初版に見られた造本不備の問題を解決しました。別エントリ参照

すでに拙著をお手にとられた方のなかからも声があがっていますが、たいへん美しい本に仕上がっております。現物をようやく手に取り、著者も欣喜雀躍してやみません。重みといい、手触りといい、色合いといい、美麗きわまり、格調が高い。かたちある書物ならではの後光が射しています。願わくは本書の内容が、装幀に実現されているほどの美学に適うものであればいいのですが…… 続きを読む »

刊行日のたびたびの変化について

拙著『図書館の魔女』の新しい刊行日が、講談社のウェブ・サイト発表、メールマガジンを初め、二転三転しております。
これまでにもたびたびの発売延期があり、刊行をずっと待っていらっしゃる方々におかれましては、大変なご心配をおかけしていることと存じます。お待たせして申し訳ありません。著者として伏してお詫び申し上げます。 続きを読む »

メフィスト賞受賞に伴いコンテンツを整理しました

拙作『図書館の魔女』がメフィスト賞を受賞し、出版の運びになります。
陰ながら応援下さっていた皆様に、御礼申し上げます。

また新たにご声援下さった方、有り難うございます。これからはこういうことが励みになっていくのだなとしみじみ感じ入りました。

無論、私のもとには編集部から事前に連絡がありましたが、公式発表として確認できたのはウェブ上 (http://shop.kodansha.jp/bc/mephisto/) での発表でした。実は12月10日現在でまだ『メフィスト 2010 vol.3』は手許にはありません。日本にいる家族からは、誌面では大変好意的な評価を受けていた旨聞いていますが、本誌を手に入れるまではどう評価されているのか戦々恐々というところです。

さて、受賞に伴いこのサイトのコンテンツを整理しました。編集部の側の意図と異なってはいけないので、まずは見切り発車的に公開していた一部コンテンツをことごとく切り捨てました。いまこのサイトはアクセスが激増していますが、それに反して内容がどんどん無くなっているという有り様です。まことに申し訳ありませんが、諸事情ご賢察ください。

それでは、なぜそもそもそんな危なげな「見切り発車的」な部分公開をしていたのかと訝しむ向きもあるかも知れませんが、それについて簡単に説明しておきます。 続きを読む »