『図書館の魔女』の手紙

掲題の通り『図書館の魔女』下巻(文庫判4巻)にあります「図書館の魔女の手紙」の解題です。これについては読者の方が、かなり詳細で正確な読解を披露しておられます。

「三船のブログ」”『図書館の魔女(下)』最後の手紙の文法解説”
http://mifune.hatenablog.com/entry/2016/07/26/211740

問題の「手紙」は、かなり罠に満ちたテキストになっていますが、三船さんの読みにはほとんど訂正する部分がありません。お見事といった感じです。

よく読めていたと思いますよ。ご褒美にちょっとだけ手を貸してあげます。

……というわけで、いくつか補足できることをメモしておこうと考えました。 続きを読む »

Cartographia fantastica 2014/03/19 追記あり

For some reason, inconceivable to me, my Safari wouldn’t accept my Japanese. As you readers see here, there’s no problem when I choose an european language. I’ve learned this inconvenience was already well-known for the Safari version 5.1 on Snow-Leopard. I have also found a few avoiding ways (clearance of caches, up/down grading Safari version or opting another browser…) but it takes time or seems to me annoying for the time being. 続きを読む »

『図書館の魔女』を書いた動機(1)書物を守ったサラセンの学者達

この物語を書いた動機はいくつかある。それを一つずつ言葉にしておこう。

第一に、たとえばアラビアの学者達が果たした、学術の歴史、思想史、数学史における重要な役目を再評価すること。西欧近代の自然科学、人文科学はいずれも、書を護ってきたイスラム教徒達の恩恵を受けていたはずである。しかしそれは案外忘れられている。

続きを読む »